WATCH-LIST(ウォッチリスト)
 暇つぶしにどうぞーヽ(>。<*)ノ




カテゴリ - エンタメ

 【ガキ使SP】浜田の”黒塗りメイク”が人種差別だと物議


0SAYA★ 2018/01/03 20:48 41件 15422pv 





年末恒例のお笑い番組「笑ってはいけない」シリーズ。「国民的な」お笑い番組だ。その番組でのあるシーンが物議を醸している。(渡辺一樹・ハフポスト日本版)

2017年のテーマは「アメリカンポリス」。ダウンタウンの浜田雅功が、肌を黒くメイクして登場した。テロップではエディ・マーフィ主演の映画「ビバリーヒルズ・コップ」の説明が流れた。

番組のTwitterアカウントがそのシーンの写真を投稿すると、「面白い」「めっちゃ笑える」といった反応が寄せられていた。

一方で、複雑な思いを抱えながら、このシーンを見ていた人たちがいる。
バイエ・マクニールさんは、こんなツイートで「ブラックフェイス」(黒塗りメイク)に反対した。



「日本は好きだ。13年住んだし、日本に良いことが起きるように祈ってる。2020年オリンピックで黒人アスリートのためにブラックフェイスのドゥーワップをやらかすんじゃないかって真剣に不安だ。いますぐやめろお願いします  #StopBlackfaceJapan #日本でブラックフエイス止めて」

マクニールさんは、アメリカ・ニューヨークのブルックリンに生まれ育ったアフリカ系アメリカ人だ。2004年に来日して以来13年間、横浜に暮らし、作家・コラムニスト・教師として活動している。

日本をよく知り、「日本大好き」と公言する彼が、なぜこうした声を上げたのか。フェイスブックで連絡をとり、詳しく聞いた。


マクニールさんに、まず、あのシーンを見てどのような気持ちになったのかを説明してもらった。

《どんな気持ちかって? とても複雑な気分ですよ。日本社会は、世界がブラックフェイスについてどんな議論をしているか、きちんと見てこなかったように思えます》

アメリカでは1800年代以降に、顔を黒く塗った白人が、黒人役を演じる「ミンストレル・ショー」が人気を博した。しかし、「人種差別的だ」とされて廃れ、いまではすっかり「差別だ」という評価が定着している。マクニールさんが指摘するのは、そのことだ。

《私の気持ちは半々です。半分の私は、日本のテレビコメディーや音楽でブラックフェイスを見るたび、見下されたような、馬鹿にされたような、そして表面だけを見られて、人間性を否定されているような気分になります。私の肌の色が、私自身の人間性が、芝居の小道具、あるいは脚本にされたかのように感じるのです。しかし、もう半分の私は、『彼らは子供で、わかっていないだけ。だから我慢しなきゃ』とも思うのです》

マクニールさんは、こんなふうに思ってしまうこと自体が「つらい」のだと話す。

《敬意を持って、一緒に生きていこうと決めた日本の人たちに対して、このような感情を抱いてしまうのは、つらいことです。》


↓全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00010000-huffpost-soci




↓ネットの反応
・そんなにナーバスだと逆に区別が生まれ、それが元で差別が起こると思うけどな。
・物真似と差別は別問題では?
・こういう意見がメディアに出ると何にも出来なくなるんだよね。差別してる訳じゃないのはわかってるんだからさ。変な社会になったよね。
・こんなことばかり問題になってたらなんにも面白くない。そんなに敏感にならないといけないことなの?





9pt
75pt



記事URL
ピックアップ記事
コメントする検索画像一覧
7名無しさん 2018/01/03 23:26

>>4
モラルや規制の無いネット動画見てる方がそりゃ面白いというガキの発想

2pt
12pt
PREVNEXT


関連検索ワード
関連トピック


全カテゴリ - 新着トピック順


スレッド一覧へ戻る TOPへ戻る